名称
一般社団法人 日本ウェルエイジング検定協会(Japan Well Aging Testing Association)
本部事務局
〒108-0073 東京都港区三田3-7-18 THE ITOYAMA TOWER 5F
TEL:03-6453-6091
FAX:03-6453-6092
設立
2019年11月7日
基本理念
心身ともに健康で年齢に抗うことではなく、年齢とともに上手に魅力を重ねていく生き方「ウェルエイジング」。
最近では、歳を重ねることに逆らう「アンチエイジング」から、 歳とともに魅力を重ねていく「ウェルエイジング」という概念にシフトしつつあります。そこで重要になっていくのが「未病」という考え方。人の健康状態には、健康と病気を明確に定める基準は存在しません。その間で継続的に変化している状態が未病です。
また、未病は予防医学の原点とされています。病気になってからではなく、病気になる前の治療。つまり、健康的な生活を続けるには、自らの未病の状態を知り、体の内面から早めに改善することが重要になるのです。
本協会は、「人類の健康寿命の延伸」をスローガンに、「人生100年時代」に備えるため、未病という考え方を広める教育活動を通して、ウェルエイジングの普及啓蒙・調査研究することを目的とします。
理事
【理事長】畑 久美子(株式会社 レコール・デュ・ヴァン取締役)【副理事長】佐々木 広行(株式会社プロラボホールディングス 代表取締役会長兼 CEO)

事業内容
1. ウェルエイジングの普及啓蒙
2. ウェルエイジングに関する公認資格検定の実施
3. 健康寿命の延伸に向けた知識啓蒙活動
4. ウェルエイジングをベースにした未病・予防医療の啓蒙活動
5. ウェルエイジングを通じての予防医療の啓蒙活動
6. ウェルエイジングをテーマとするセミナー・講演会
7. 医師・学識者・専門研究者の紹介
8.サプリメント、健康食品等の健康補助食品、自然食品、飲料品、医薬部外品並びに化粧品の開発及び販売
9.インターネットによる通信販売及び情報提供サービス
10.その他、当協会の目的達成に必要な事業